不動産投資は本当に危ないのか?儲かる?節税になるの?


ファイナンシャルプランニングランキング

タイトルについて、昨今質問をよくされます。ええ、本当に(笑)

 

私自身が大家の会を主催していることもあるのですが、さて今日は不動産投資について本当に「危ない?」「儲かる?」「節税になる?」について私なりの見解を述べたいと。

 

  • 不動産投資って危ない?
    結論から言うと、自身で知識武装さえしていれば大負けすることは無いと思っています。少なくても株で信用2階建て全開でやっている方よりはよほどリスクは低いでしょう。また、勉強もせずに業者に「8%の利回りで~」などと言われて契約している人は結構痛い目を見ています。逆に最初から本やセミナーなどでガッツリ知識武装している人は、あまり大負けしたことは聞いたことないです。
    どの投資においてもそうですが、自分で理解してやればリスクもコントロールできます。逆に理解していないとそれさえわからない。
    アパートが乱立して儲からないのでは?とメディアに流される人もいますが、激戦区でもしっかり募集アピールなどできている人はしっかり満室で稼いでます。知識と努力で「危ない」という言葉は回避できます。
  • 不動産投資って儲かる?
    こちらも同じです、しっかり知識武装していればある程度は稼げると考えています。
    では知識武装・知識武装っていうけど、具体的ってどういうこと?と質問があるのですが羅列すると・物件調査力(積算価格、銀行融資評価、建物自体状態を見る力)
    ・リーシング力(周辺エリアなどから適正な賃料と客付できるエリアか調べる力)
    ・現状マーケット認識力(銀行の融資取り組み姿勢、おおよその売却平均利回りなどを見る力)
    ・税務知識(節税スキーム等)
    ・各業者との協力(知識じゃないですけど必須)おそらくこれを語るとブログが長文になるので、別途の機会で触れます。
  • 不動産投資って節税になる?
    なる人とならない人がいますが、ワンルーム1つ2つなら個人で所有していれば家賃収入<経費としてサラリー収入から控除も可能かと思います。ただ、1棟ものを持ってしまうと収入もでかいので、法人名義にしておくのが節税という意味では賢いかと。

 

私自身も不動産については知識が全くなかったので本を100冊ほど読みました。投資において大切なのはとりあえず知識を身に着けること。当たり前ですがそれが第一だと思います。