節約の裏技を教えてもらうくらいなら・・・

 

最近、リビングという地方紙を見ているとこんな記事が、、、、

「いちごビュッフェ食べながら、節約の裏技を聞きませんか~」

 

なんとこのブログの前に書いた、まさに「あまーい」提案ではないですか!!(笑

まぁ、具体的なセミナーの中身は知りませんし、毒舌は辞めておきますが、色々検索すると「ビュッフェといいながら3つしかケーキが食べれなかった〜」など。。いや、それは間違ってないです。 ビュッフェは「食べ放題」のバイキングではないので、それは正しい。

 

節約の裏技というか、FPって節約ネタでしかTV番組出てない感じですけど、私自身一番てっとり早く節約を体に覚えるには

 

「持ち家は持たない。5年に一度くらい引っ越して、引っ越しは自分でやる」

これだけでも結構効きます(笑)いや、本当に。

 

まず、引っ越しは近くでもいいんです。 引っ越しにより「自分たちは一体どれだけ「物」を持っているのか」これを認識することが大事なんです。そうすると押入れから殆ど使っていない物や服が出てきたりします。視覚的に「勿体無い」を体に覚えさせるわけです。

次に自分たちで引っ越しの荷造りをするだけで、要らないものをどんどん捨てて行かないと手間がかかるので必然的に「本当に必要なもの」だけを持っていくことになります。これを引っ越し業者に任せてしまうと今あるもの全てを持って行っていくことになり意味がありません。体に「物」を持つ辛さを覚えさせるわけです。

そして、大体人間は忘れやすいもので節約と言っても年月過ぎるとまた「物」が溢れる生活になるので5年に一度は引っ越しを進めるわけです。そうすると自然に物を持たなくなり、節約につながります。また引っ越しの際に色々とライフライン(ネット、光熱費)の住所変更も行う時にどこが一番安いか変更していくわけです。

節約もできて、家の中もスッキリすると自然とお財布の中も改善されてお金が溜まっていきます。