儲かっている大家さん、苦戦する大家さんの違いとは

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

今回は大家さんのお話しです。

私が滋賀県で「滋賀がんばる大家の会」の代表もやっており、色々なお話を聞かせていただく機会が多くなっています。
不動産投資のブームという追い風もあり、大家の会に参加される方も非常に増えてきています。
その中で成功されている方もおられれば、厳しい状況になっていらっしゃる方もおられます。その違いって何なのか。 

一言でいうと

・他人任せにせず、他人の意見を確り受け入れながらも自分で考えて行動できる大家さん

恐らくこれに尽きます。これって色々なビジネスにも当てはまると思うのですが、大家も確りとした経営なのです。
大家さんでも地主系大家さん、投資系大家さんの大きく2つに分類されるのですがどちらも厳しい状況になっている方は例えば

・先祖代々の土地にディベロッパーから家賃保証云々で安心して儲かるといわれてアパートを建てたものの家賃保証の期限が切れたり
 家賃保証額が引き下げれ、挙句の果てに空室ばかりになってしまい返済が回せなくなるケース

・業者の言いなりで表面利回りだけ見て収益物件を買って、その後直ぐに入居者が退去してしまい以前の賃料では貸せなくなるケース

他にも色々ありますが、結局は自分で考えて行動しないと成功できません。

滋賀のがんばる大家の会では確り自分たちで勉強して考えていける、そんな場所を作っていますので、よかったらご参加ください。
http://shigaganbaruooya.blog.fc2.com/